2016年4月分の次世代エスチャート全売買シグナル履歴を公開

次世代エスチャートの4月分パフォーマンスの発表です。

先月は日銀による金融緩和がなかったこともあり、月末に市場は急落しましたが、
次世代エスチャートでは、シグナル結果による利益を積み上げると、

42.95%のプラスとなりました。

次世代エスチャートとは
http://s-dealing.com/next_standard.htm

━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━
2016年4月分の次世代エスチャート全売買履歴
━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

以下は4月に出た次世代エスチャートの全シグナル結果です。

4355

こちらでは次世代エスチャート シグナル全履歴をご覧になれます。
http://marketcrew.com/nextschart/

*パフォーマンスの集計方法について
・累積利益(%)は次世代エスチャート全売買シグナルの損益を加算したものとなります。(売買手数料は考慮せず)
・集計対象:2016年4月1日~2016年4月30日の間に手仕舞いしたものと保有中のもの。
・全て寄り付き売買、保有中のものは4月末時点で時価評価
過去の結果は将来の利益を保証するものではありません。

今月も良好なパフォーマンスを継続しています。
4月8日をもって、次世代エスチャートの新規ご入会を一時停止しておりますが、それまでにご入会頂けた方は、上記シグナルによって利益をあげることができたのではないかと思います。

個人的に最近、強く興味をもった記事はこれになります。

【ETF爆買いの果て、日銀が日経平均企業9割で実質大株主-試算】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-24/O5VD5Q6KLVR401

実は、日経平均はリーマンショック前の高値を更新してから今のように下落してきましたが、TOPIXはそもそも更新しないまま下落してきています。
年金や日銀の買いが、やはり日経平均を歪めているように思えます。
もし、日経平均が昔に比べて上がった割に儲かってないと感じる方は、TOPIXと照らし合わせてみるのもよいでしょう。
(思ったよりは相場自体が強くなかったということです。日経平均は225個の銘柄で構成されるため、一部の銘柄の動きに価格が左右されやすいのです)

いずれにしても、これだけの買いが入ってもこの程度の株価水準です。年金、日銀が買いを止めたら、出口戦略に転じたら(出口の実行はしばらくないでしょうけれども)、株価は相当重くなるかもしれません。

そんな時、右肩上がりの利益曲線(短期的には損失が続くこともありましたが)を形成してきた次世代エスチャートの価値を再度、再評価して頂ければ幸いです。

次世代エスチャートパフォーマンス表はこちら
http://s-dealing.com/next_s-chart.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【重要】次世代エスチャート会員の募集再開時のお知らせフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、「生き残りディーリング塾」+次世代エスチャート会員の新規申し込みは停止しております。
募集再開が決まった際は、下記フォームにご登録頂けばメールにてご連絡致します。

募集再開時のお知らせフォームはこちら
https://pro.form-mailer.jp/fms/8766e84097111

ご興味ある方は、ご登録ください。

「生き残りディーリング塾」会員は引き続き募集中です。

お申し込みはこちら
http://s-dealing.com/price.htm

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

文責:加藤

ご不明点がございましたら、下記までお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/911584e696390
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引き続き生き残りディーリング塾をどうぞよろしくお願いいたします。

——————————————————
 <エスチャート開発者> 矢口新 プロフィール
——————————————————

矢口 新 (やぐち あらた)

和歌山県新宮高校出身。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。

野村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、
債券のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。

著書『実践・生き残りのディーリング』は、現役ディーラーの“座右の書”として、
高い評価を得ている。

著書は他に、『トレードセンス養成ドリル』『なぜ株価は値上がるのか』
『リスク管理資金運用・プロのノウハウ』『リスク限定のスウィングトレード』など多数。