2015年10月分の次世代エスチャート全売買シグナル履歴を公開

━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━
2015年10月分の次世代エスチャート全売買履歴
━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

10月の次世代エスチャートの結果のご報告です。

決済日が10月中のものと保有中のポジションを計算対象とし時価計算しますと、

積み重ねた利益の%は、+58.91%となりました。

次世代エスチャート シグナル履歴はこちら

10月の特徴は、9月下旬に日経平均が17000円台割れするなど下落がきつくなったあたりで次世代エスチャートが買いを入れ、
その後、10月上旬に日経平均が反発したところで決済したことが大きな勝因となっています。

マーケットが急落した際は、怖くて買いを入れられないことがあるかもしれませんが、買いを入れにくいこそ、買う人がいなくて株価が下落しているのであり、
株価が下落するほどチャンスも増しているといえます。

次世代エスチャートは今回、その買いの消失ポイント近辺から買いが復活しだすタイミング近辺を上手くみつけたことが利益につながったといえそうです。
通常、そういった反転ポイントは投資家心理が弱気に傾いていて買いを入れにくかったりしますが、

次世代エスチャートがあれば、冷静に、だからこそ今が買いなのではないか、

「判断を再考」する良いきっかけを手にすることができるのではないかと考えます。
次世代エスチャートが提示する銘柄を買う、次世代エスチャートの銘柄提示動向をみてマーケットの反転タイミングをうかがう、
そんな使い方ができそうです。

さて11月は日経平均が比較的強めに推移していますが、11月のパフォーマンス結果は12月にお知らせ致します。

*パフォーマンスの集計方法について
・累積利益(%)は次世代エスチャート全売買シグナルの損益を加算したものとなります。(売買手数料は考慮せず)
・集計対象:2015年10月1日~2015年10月31日の間に手仕舞いしたものと保有中のもの。
・全て寄り付き売買、保有中のものは10月末時点で時価評価
過去の結果は将来の利益を保証するものではありません。

文責:加藤